◎横綱稀勢の里の引退に思う

3場所にわたる8連敗のワースト記録を更新し、今場所、いきなりの3連敗となった横綱稀勢の里が、ついに引退を決断しました。残念な結果に終わりましたが、まずは、素直にお疲れさまと言いたい。本人の敗戦後の表情を見ると、まさに満身創痍と言った感じて、正直早く楽にしてやりたい、かわいそうだなと思いました。

 

個人的な意見としては、そもそも稀勢の里にとって横綱になったことが良かったのか? 横綱になったばかりに相撲人生を短命に終わらせてしまったのではないか?と思います。

 

横綱審議委員会の横綱推薦内規によると【1】横綱に推薦する力士は、品格、力量が抜群であること。 【2】大関で2連続優勝した力士を横綱に推薦することを原則とする。 【3】第2項に準ずる好成績を挙げた力士を推薦する場合は、出席委員の3分の2以上の決議を必要とする。 【4】品格については、協会の確認に基づき審議する。 とある。

 

ちなみに、稀勢の里は 内規【2】大関で2連続優勝した力士を横綱に推薦することを原則 を満たさないが、毎年、安定した成績を大関として挙げていたことを根拠に、横綱に昇進となりました。

 

内規【1】の中の力量が抜群であること、横綱は他の力士を寄せ付けない圧倒的な力量差がなくてはならないのですが、結果論となりますが、このあたりの選考の過程で日本人横綱を早く登場させて、相撲人気を復活させたい等のあせりから、力量不足の状態で横綱に選考してしまった横綱審議委員会にも選考責任があるのではないか?と思います。

 

モンゴル出身の白鵬、あるいは引退した日馬富士等と比較して、稀勢の里に対しては選考から、その後の引退勧告をしない状況などを含めて、どこか甘さが感じられました。

 

野球発祥の大リーグにおいても外国人選手の活躍はあたりまえで、スポーツの世界がグローバル化は避けられない中、日本のお家芸の柔道でも日本人がなかなか勝てませんが、外国人と日本人の体格差なども含めてやむをえないかもしれません。

 

『柔道』→『JUDO』、『相撲』→『sumo wrestling』、海外ではこのように呼ばれていて、とても人気がありますので、海外の方を受けれているのであれば、この流れに逆らうことはできません。

 

むしろ、世界に相撲を売り込んで興業的に成功をおさめつつも日本独特の文化(女人禁制、神事)などについて、広く世界の方に理解を得ていく必要があるかと思います。

 

白鵬などモンゴル出身の横綱は、横綱審議委員会から横綱の品格を問われる場面が過去にありましたが、そもそもの相撲は神事であるという様な精神的なところを、どのように海外の相撲ファンを含めて伝えて伝承していくのか?横綱審議委員会のメンバー構成の中に外国人の方を入れるなど、そして、相撲協会も含めて、人事など頭の柔らかい方に血を入れ替えるなど、刷新する必要があるのかもしれませんね。

◎平成31年銘ミントセット販売開始

出典:造幣局オンラインショップ

 

平成最後の平成31年銘の硬貨ですが、4月から新元号に変わるのでどの程度出回るのかは不明ですが、確実に未使用品を入手する方法として造幣局でミントセットを購入する手があります。(昨年のミントセット記事はコチラから)

 

平成31年は1~4月の4ヶ月のみで平成最後の年で、ネット上でもひそかに人気が出ているようですが....昨年に続いて、私は平成31年のミントセットもさっそく注文しておきました。プレミアがつくことはおそらくないですが(笑)

 

海外に向けての平成31年銘ジャパンコインセットはさっそく売り切れになってしまっていますね、こちらはイノシシのデザインも入っていて欲しかったのですが、すでに売り切れてしまい残念です....興味がある方は造幣局オンラインショップからどうぞ。

◎amazon New echo dot 使ってみた感想

出典:amazon 公式ページ

 

昨年末にamazonにてAI機能を持つスマートスピーカNew echo dot が割引された価格で販売されていた。さて、どうしようか?

 

日本語の音声認識の精度や音声の録音等によるプライバシー面などで、少し懸念があり、正直なところ、なかなか手を出しにくいと感じていたのですが、割引に加えて、第三世代となり性能面でも向上したようで、新しいもの好きな私は、ついに迷いながらも買ってしまいました。

 

読書、買い物、音楽、映画、などで、いつもAmazonにお世話になっているヘビーユーザー(笑)の私は、Fire TV、Fireタブレットなどと同様で、買ったらその日にすぐにいろいろと試しに使ってみました。

 

使ってみてなかなかいいなと思った機能としては、本の朗読機能ですね。これには少しびっくりしました。寝ころびながら朗読をしてもらえば、気軽にながら読書もできますよ。

 

具体的には、amazon KINDLEで登録した本を、echo dotで読ませるということですが、日本語の音声は標準に近くて、聞き取りやすい音声なので、パソコンをしながら本を朗読してもらうなど、いろいろと使い道があるかと思います。

 

また、他に良いと思った機能は、echo dotに音楽を適当に選曲してもらい、もし、その曲が気にいったら曲名を確認して、音楽をアプリに登録しておけば、いつでもどこでも聞くことができます。うまく使うと懐かしい曲などをなにげに発見できることも、しばしばありますね。

 

まだ、今日届いたばかりでの第一印象なので、さらに使い込むと良い点と悪い点もいろいろとわかるかもしれませんが...とりあえず、さらに使い込めば、相当、仕事や生活で役立つツールだと感じました。買いですね...あと、音声情報のプライバシー保護などは、機器の設定などをもう少し調べてみる必要があるかとなと思いました。