◎芸能界も働き方改革?

最近の芸能ニュースは、もっぱら 吉本興業の宮迫さんの闇営業の話とか、ジャニーズ事務所の元SMAPメンバーのテレビ局圧力の話とか、朝から晩まで同じような報道が続いていますね。さらには、加藤さんのように吉本興業をやめるとかいいだす人もいて、いったいどうなっているのでしょうか?

 

先日、ジャニー喜多川社長が亡くなった直後に公正取引委員会から、元SMAPのメンバーの独立後にテレビ出演させないような圧力をかけたということで、ジャニーズ事務所に注意があったらしいですね。

 

また、公正取引委員会は、吉本興業のタレントについて雇用契約書がないことを、今回の宮迫さんの闇営業の件もあり、注意をしたそうです。一企業の一タレントの独立やら闇営業や雇用契約について、公正取引委員会が注意をするとはきわめて珍しいことだと個人的に感じました。

 

しかしながら、令和元年は働き方改革のスタートの年でもあり、公正取引委員会は報告書でさまざまな有識者などの意見を取りまとめており、今回の芸能事務所への注意はこれらの流れに沿うものだと思います。

 

公正取引委員会報告書

https://www.jftc.go.jp/cprc/conference/jinzai.html

 

「人材と競争力に対する検討会 報告書」

https://www.jftc.go.jp/cprc/conference/index_files/180215jinzai01.pdf

https://www.jftc.go.jp/cprc/conference/jinzaisetsumeikai_files/jinzai_pamph.pdf

 

「人材と競争力に対する検討会 報告書」にあるように多種多様な勤務形態、フリーランス、個人事業主など組織に属さずに仕事をする人などを含めて、労働基準法、不正競争防止法、独占禁止法など、あらゆる角度から法整備と実態調査を進めています。

 

企業から個人が独立することの妨害行為は、独占禁止法違反、闇営業で暴力団との接触と金銭の受領行為は暴対法の幇助違反にあたり、納税しない芸人は脱税行為にあたりますね。

 

また、吉本興業のような大手企業が個別の雇用契約書がないことや不当に安価な水準で仕事をさせていれば、労働基準法違反に該当するかもしれません。まして、吉本興業の主要株主が大手放送局、広告代理店などであれば、なおさらコンプライアンス違反については、厳しく追及せざるをえません。

 

さらに吉本興業は経済産業省の事業(吉本興業事業概要資料(経済産業省))で数々のイベントに取り組んできた経緯もあり、このような中で 反社会勢力との関係性、契約書なしの問題は明確にクリアにしなくてはならないのです。

 

我々のような製造業の中小企業であれば、全従業員に対して雇用契約書があり、就業規則もあります。これらはすべて労働基準監督署に提出していますから、大手企業であれば行政指導が入ってあたりまえだろうと思います。

 

見習いの芸人が安いのはしかたないとしても、一定の研修期間を設けるとか、契約社員やアルバイトにするとか、雇用契約上でどのような扱いにするのか? もし、契約が不服であれば契約を継続しなければいいわけであって、プロ野球選手と同じように球団と交渉して契約更新するかを決めていくようなしくみを作らないといけないでしょうね。

 

かつての芸人と付き人、落語家と弟子のような昭和のような家族的な関係性が壊れて、吉本興業のように多数の芸人を抱える大企業となったのだから、おのずとは企業のありかたは変わらなくてはなりません。ある意味、相撲協会などの話にも通じるところがあるかと思います。

 

令和の時代となり、芸能界と言えども吉本興業のように大手企業で何千人も従業員を抱える会社であれば、単なる口約束とかはありえないはずで、逆に昭和のにおいのする前近代的な社風なのだと思います。

 

アンフェアな時代は終わり、透明性の高い業界へと変わっていくための過渡期で、多種多様な国籍、性別、信条などの人々が同ー条件で仕事をフェアにしていくためには、契約書などを作成することは、必要なプロセスなのだろうと思います。

◎『若者よ選挙に行くな』動画が面白い

令和元年7月21日(日) 参議院総選挙が行われますが、今、賛否の物議を醸しているのが『若者よ、選挙へいくな!』というユニークな?動画です。

 

「若者は選挙へいくな」とは実に皮肉たっぷりですが、本当は「若者よ選挙へ行こう」という裏返しなのです。年金問題、安全保障、教育などを含めて20年後、30年後を考えると、一番負担がかかるのは、今の若者であるということですから。

 

この動画の高齢者の方が言うように、今すぐ、直接自分に政治が影響を受けるわけではないと思って、投票をする人が減ると、いったいどんな結果をもたらすのだろうか? 少し考えてみた方がいいですね。

 

政治に無関心な人が増える→投票に行かない人が増える→投票率が下がる→組織票のある政党が有利→何もかわらない、となる。

 

大事な選挙だから、納税や交通ルールと同じように国民の義務としたらどうだろう? 

 

たとえば『投票しなければ1万円の罰金』としたら確実に投票率が倍増することは間違いない。また、投票率が低くてもいい税収になるわけだから...どちらにせよ一石二鳥。

 

それとも逆に『投票したらポイント還元・キャッシュバック』でもやったらどうか?その手の方法が大人気なのだから(笑)

 

冗談はさておき、無関心が一番問題なわけだから、まずは難しく考えずに一票を投じてみることがとても大事なんだと思う。

◎『池に落ちた犬を叩け』とは?

『池に落ちた犬を叩け』ということわざ、池に落ちて弱った犬にたいして、追い打ちをかけて手加減をせずに徹底的に攻撃を続けろということです。とても怖いことわざですが....

 

これは、勝負ごとなどでいえることですが、勝敗が決まったかに見えて、ほっとして隙を見せると反撃されてしまうから、いったん戦いが始まったら容赦するなと言うことなのだと思います...勝負ごとであればしかたがない気がします。

 

話は変わり、最近の風潮として一度なにかしらミスを犯した人に対して、インターネット上の掲示板、SNS、雑誌などのメディアで、人格否定に近い罵声、ひぼう誹謗中傷する人がとても多い気がします。場合によってはフェイクニュースではありませんが事実と違う情報を拡散されてしまい、いつまでもひどく名誉を傷つけられることもあるかと思います。

 

2年前のACジャパン『苦情殺到桃太郎』の動画は、このような最近の傾向を風刺した面白い?作品でした。桃太郎の桃を拾ったおばあさんをSNS上で批判して炎上するお話なのですが、いい線をついているなと今更ながら思います(笑)

 

出典:ACジャパン2017(『苦情殺到桃太郎』 youtube) 

 

自己責任論という言葉が流行りだしたころから、強いものが弱いものを叩く傾向が高くなったのかな?と自分は感じているのですが、これらは、ヘイトスピーチなどの考え方につながるのかなと思えます。弱いものを叩くだけならまだしも、歴史を捏造したり事実と違う情報を拡散することもあるので、正しいことを見極める目を養わないといけませんね。

 

世界はトランプ大統領や欧州などで自国ファーストが加速していますが、なんとなく、個々の人間も自分勝手で自分さえよければよいという人がどんどんと増えている気がします。スマホを見ながら歩いている人など周りの迷惑も見えない人が多すぎですね。

 

国と国、地域と人、企業と人、人と人、それぞれが互いに共存共栄の思いやりの精神がなければ、結果的には永続的な繁栄はないのだろうと思います。

 

独り勝ちのように見えてもそれは長続きはしません、なぜなら、『風が吹けば桶屋が儲かる』のことわざのとおり、一見関係なさそうなことでもすべてがつながっていて、経済も含めて連鎖しているのだから...

◎コカ・コーラエナジーの評判は?

清涼飲料水の中で急成長しているエナジードリンクですが、ついに コカ・コーラからエナジードリンクが登場しました。販売開始は7月1日からで名前は『コカ・コーラエナジー』です。

 

私も試しにさっそく飲んでみましたが、普通のコカコーラよりも爽快感は少なめで味は濃くて、栄養ドリンクの味がしました。

 

若者の間で大人気のエナジードリンクは、高カフェインが最大のウリなのですが、大量摂取を行うと、カフェイン中毒や常習性によって健康被害が出ることもあって社会問題となりました。また、砂糖(糖分)が多く含まれているのでダイエットをしている人にはおすすめできません。

 

ただ、頭が疲れてさえないときに、このようなエナジードリンクを飲むとなんとなく疲れが取れた気分になることも事実です。

昔、よくリポビタンDを飲んでいましたが、これらの栄養飲料にもカフェインや微量なアルコール(1%未満)等含まれているものもあって、適量をたまに摂取する分には健康被害もなく、勉強、仕事の気分転換、リフレッシュなどに使えばよいと思います。

 

『過ぎたるは及ばざるが如し』 どんなことでもほどほどが一番ですね....

◎高齢者運転の補助装置の補助金

高齢者運転者のアクセルとブレーキの間違えなどによる交通事故が多発して、連日、ニュースになっています。住んでいる地域や仕事などの事情により、なかなか免許の返上ができない高齢者の方も少なくないはずです。

 

そのような状況のなかで、東京都の小池都知事が推進する高齢者運転の補助装置については、高齢者運転免許の更新時期の75歳未満に対象範囲を広げる方向とのことです。

 

そもそも事故は予想外の時に発生するわけで、高齢者はとっさの判断力や対応力が低下しやすいため、いろいろな補助装置をつけることで、少しでも安全な運転ができるのであれば早急に対応を進めた方がよいと思いますね。

 

完全な自動運転を目指すことはなかなか難しいなかで、すぐに対応できる安全性を高める装置について安価なものとして、バックミラー、方向指示器、ABS同様に、車の標準装備化を進めていけばよいのではないかと思います。

 

また、酒気帯び防止やスマホ見防止などもできなくすればよいのではないかと思いますが....無理かな?

◎「おまえが打たなきゃだれが打つ」

中日ドラゴンズのチャンステーマ「サウスポー」が自粛されることになりました。とても残念なことですね。

不適切なフレーズとは、選手をおまえと呼ぶ点らしいですね?

 

それではハウンドドックのff(フォルティシモ)のフレーズ「おまえの涙もおれを止められない」も歌えなくなります..(笑)

おまえ=乱暴な言葉 とは思えません。おまえには強い愛情と熱い思いが込められていることがわからないかな?

与田監督「自粛をお願いしたのはなくて、お前でなくて名前で呼んでほしい」との意見をお持ちのようです。

 

おそらく、与田監督はピッチャー出身だから、「おまえが打たなきゃ誰が打つ」を感じることができないのでしょうか??

 

一番不思議なのは、与田監督の意見を中日球団としてそのまま採用して、中日ドラゴンズの応援団に正式に要請したことです。

 

中日ドラゴンズの応援団は、中日球団の下請けなのでしょうか?球団の要請に素直に従う方もよくわからないなあ。

 

そもそも、10年以上前、2008年に中日ドラゴンズの応援団(全国ドラゴンズ私設応援団連合)は、暴力団関係者の排除として、

竜神会などのメンバーに暴力団関係者がいるとのことで応援団がなくなり、鳴り物がない暗黒時代がありました。

 

その当時のチャンステーマ「狙い撃ち」、その他、個々の選手のテーマソングもすべて使えなくなりました。何やら著作権の問題があるとのことでした。(このあたりもファン無視かと感じましたがね)

 

そして、ようやく新しい応援スタイルが定着して、今年は盛り上がってきたと思っていた矢先に、最も人気のあるチャンステーマ「サウスポー」が自粛になるとは....球団と応援団も含めて何を考えているのでしょうか?よくわかりません。 

 

ただでさえ、球場はガラガラで5年連続Bクラスに甘んじているわけだから、くだらないことでファンや応援団との間で亀裂が入るようなことはやめた方がいいかと思う。また、マスコミの中日たたきのネタにされてしまいました...トホホ

 

これだけ「サウスポー」がニュースになったのだから、いっそのこと、また、サウスポーを復活させると球場に人が集まるかも、

炎上商法ということで(笑)。今日にでもさっそく東京ドームで使ってほしいものです。

 

昔、落合監督が言っていた「勝つことが最大のファンサービス!」といったファンサービスの原点に帰ろうよ。落合監督が「応援団におれという歌詞はやめてくれ」と言うとは、到底思えんけれどもね。ドアラに意見を聞いてみたらいいよ。

 

試合中どこ見てるんだ与田監督は?(笑) まだ、ペナントレースは始まったばかり、後半戦に向けてファンと一致団結して、まずは確実にAクラスを目指してください。期待しています!