◎2019ペナントレース開幕3/29

2019年3月29日 待ちにまったプロ野球のペナントレースがいよいよ開幕しますね。

 

地元、中日ドラゴンズですが、落合監督時代、2004~2011年の8年間、日本一1回、セリーグ1位4回、Bクラスなしの常勝軍団でしたが、高木監督以降の2013~2018年の6年間はすべてBクラスに低迷しており、とても残念でなりません。

 

『勝つことがファンサービス』この言葉はとても懐かしく感じるのは私だけでしょうか?

 

荒木、井端、岩瀬、森野、浅尾といったセリーグを代表する選手が引退しましたが、次の世代の選手へうまくチェンジできなかったこと、低迷の原因はこれにつきると思いますね。

 

クリンナップのビジエド、平田、アルモンテなどの主軸はセリーグでも脅威の打線ですから、彼らに得点させるためには、京田、大島はもちろんのこと、新キャプテンの周平、福田あたりのシーズンを通じた活躍が大切になると思います。

 

一方、問題は投手陣ですね。とにかく、昨年まで確実にローテーションで勝ち星が計算できるピッチャーがいませんでした。

昨年の勝ち頭で13勝を挙げたガルシアが退団して同一リーグの阪神へ移籍するあたりもひそかに痛いですね。

さすがに、松坂や吉見に10勝以上を期待するわけにもいきませんからね....

 

だからこそ、今日、開幕先発する笠原、若い小笠原、藤嶋、柳、そして大野、又吉、このあたりが計算できないとAクラスへの浮上は難しいと思います。

 

常勝軍団の時代は、とにかくナゴヤドームでの勝率が高くて、これは今の広島カープが本拠地で強いことといっしょで、チームを強くするための必須条件と言えます。そして野球はまずディフェンスから守り勝つことが大切です。

 

4/2(火)~4(木) 名古屋ドーム開幕3連戦、相手は昨年の覇者広島カープですが、さくっと、勝ち越しスタートしてほしいものです。過去に低迷した年は、必ず広島に開幕戦でひどい目にあわされていますから、最初が肝心です。

◎安城のみらい創生フォーラムに参加

㈱eumo(ユーモ)代表の新井和宏さん、イノベーション・ファクトリー代表の中島康滋さん、ABCチーフコーディネータの二村康輝さんの3名の方の講演と最後にディスカッション。第一線でそれぞれ活躍されている方だけに、それぞれの話はとても説得力があってなるほどと思わせるものでした。

 

 ㈱eumo(ユーモ)代表の新井さん 投信信託の会社を経営されていますが、『良い会社に投資する』というコンセプトが特徴で、我々、投資と聞くとヘッジファンドの高利回りなどで悪いイメージを持ちますが、新井さんの印象は、真逆の方でした。

 

新井さんの話の中でとても印象深かったことは、企業のあり方、存在意義のようなところをとても大切にされていて、『良い会社に投資する』と考えのベースにつながっているのだと思いました。

 

企業はお金を儲けることは当然一番大切なところですが、企業は社会基盤としてとても大切であるし、地域のインフラのようなものでもある。セブンイレブンの24時間営業の是非などもこのあたりが議論になっているのだと思いますね。

 

『この会社がなくなったら世の中が損をする』、このような会社を応援する考えは、世界の投資家についても広がりを見せており、コンプライアンスとか社会性を重視できない会社へ投資しない方向へシフトしているのだといいます。

 

そして『社会の価値の変化』企業はこのあたりを見誤るといけないということ。

 

社会、特に若者の価値観が大きく変化していて、車でいえば所有する喜びからシェアリングへのシフト、駐車場代やら車検料、保険料もばかにならないわけで、そもそも高級車を所有することへの価値も薄れているようだ。

 

車は単なる移動手段と割り切るのもいいし、キャンプしたければキャンピングカーを借りてもいい、目的に合わせて必要なものを必要なときに借りるというシンプルな考えへと向かっているのだ。

 

物価が上昇しても個人所得が増えず、派遣労働拡大、終身雇用崩壊、少子高齢化など、社会構造の変化がいろいろなところに影響を与えていて、個人消費については、いかにお金を使わずに楽しむのか?こちらに向かうこともあたりまえと言える。

 

わからないことがあればスマホで調べればいい、辞書もいらないし、地図もいらない、CD,DVDを買わなくてもユーチューブで音楽や映画もすぐ見れる、SNSやLINEで人とつながれる、スマホの普及が人の行動や消費のスタイルに変化を与える。

 

だから、新しいライフスタイルなりにあったサービスなり、商品をつくらないと売れなくなるということですね。

 

続いて、イノベーション・ファクトリー代表の中島康滋さん 社名にイノベーションとあり、まずイノベーションのお話。

最近、ちまたでよく耳にする『イノベーション』という言葉ですが、そもそも『イノベーション』って何?

 

イノベーションというと新技術・発明などの技術革新をイメージしがちであるが、必ずしもそのような意味ではないらしい。

『モノづくりからコトづくり』とはよく言われますが、アイデアによる新しい価値の創造、これがいま求められていますね。

 

出典:外務省『世界を変えるための17の目標』 

 

中島さんも言われた SDGs(持続可能な開発目標)を企業の経営について取り入れていくという考え方。

 

2015年9月の国連サミットで採択された「持続可能な開発のための2030アジエンダ」に記載されている2016年から2030年までの国際目標について、どのように個々の企業が取り組むべきかということ。

 

会社使命は『社会の課題を解決するためにイノベーションが必要である』『会社は社会の公器である』つまり、社会貢献していくことと利益を出していくことの両立を求められていて、自社の利益のみを考える経営では通用しなくなってきたということ。

 

われわれ、中小企業は無関係だよと思いがちかもしれませんが、たとえば町工場で作る自動車部品のひとつがなくても、自動車の製造ラインは停止することでしょう。つまり、誰もがなんらかの形で社会と接点を持ち、また貢献しているということです。

 

そして、ABC(安城ビジネスコンシェルジュ)チーフコーディネータの二村さんのお話。

いつもお世話になっているABCの二村さんがいったい何を語るのか?とても興味がありました。

 

安城市の中小企業の特徴としては、トヨタ自動車のお膝元で自動車産業が地域経済をけん引し、自動車部品の依存度が高いこと。

そのような中で、100年に1度と言われる自動車大変革時代を迎えており、まさに変化が求められているということ。

 

自動車国内生産台数の落ち込み(ただし軽自動車は増加傾向)自動車部品の中小企業の売り上げ減少(ただし1000人以上の部品メーカは売上増加)など、統計データやグラフなどを用いて、わかりやすく解説してくれました。このようなネガティブなニュースは、あまりテレビなどでも大きく報道されないのではないでしょうか?

 

厳しい状況の中で、新たな新分野への挑戦、自動車プラスワン(もう一つの柱)という形が望ましいということです。

 

そのためには中小企業経営者は、プラスワンを模索するにあたって、まずは本業の技術のとがったところ、強みを理解すること、同業者だけでなく、異業種の方との交流を深めて、自社の強みを異分野に活用することの大切さをいわれていた。

 

そして最後に『もっと自社に自信をもって』と我々にありがたいお言葉を伝えていました。

 

全体をとおして、有意義な講演会でしたが、いい話だったなで終わるのではなくて、具体的行動に移したいと思うのでした。

◎Amazonプライム会員資格の更新?

Amazonプライム会員のクレジットカード更新のお知らせが届き、至急対応しないと会員資格が失効してしまうとのこと。

『Amazon.co.jp』のロゴも本物そっくり....なにげなくクリックしそうですが、いや待てよ。

 

宛先とメールのタイトルが「Amazon更新する <lmxs@b34.coreserver.jp>」

 

これはウソくさいでしょ? わざと少しだまされないようにヒントを与えてくれているのかも(笑)

最近、巧妙な詐欺まがいのメールが増えていますのでくれぐれもご注意を!