◎偽の請求書メールに注意

心当たりのないところから請求書メールが届いている、2月28日の月末のこの時期に、...さて、どうしようか?

 

怪しいなとは感じるけれども、このようなメールはどうしても開いてしまうことがあります。

もしかしたら、大事な内容を確認し忘れる可能性もあると思いますからね。

 

しかし、メールを開いたが送信元について何も書かれていない。やっぱり、偽メールだったなあ。

 

ここで注意しないといけないことは、あえて送信元などを記載していないので、どんな請求だったのだろうか?と思って、添付ファイルをクリックしたくなるところだ。

 

おそらく、このファイルを開いた瞬間に何らかのウイルス、あるいは、詐欺まがいのところへ誘導されることは間違いない。

月末に締めがある会社の経理の方々はひっかからないようにご注意を!

◎Internet Explorer11 サポートはどうなる?

マイクロソフトが、Windows7のサポート終了(2020年1月)によりwindows10への移行にともなって、Internet Explorer11の使用をひかえるように呼びかけていますね。

 

Microsoftの公式ホームページでも、インターネットエクスプローラ11の後継Microsoft Edgeの使用を推奨しています。

 

ただしInternet Explorer11のサポートは継続し、マイクロソフトの公式サポートでは、対策プログラムが公開されています。

https://portal.msrc.microsoft.com/ja-JP/security-guidance/advisory/CVE-2018-8653

  

Microsoft Edge とは何ですか?Windows 10 の企業向けブラウザーの方針はどうなっていますか?

Windows 10 では、Microsoft Edge を使用することで、安全性が高く、高速で生産性の高い方法によって Web を閲覧できます。Microsoft Edge は、下位互換性が必要なサイト向けに Internet Explorer 11 にフォールバックされるように構成できます。Internet Explorer 11 は Windows 7、Windows 8.1、および Windows 10 でサポートされているため、Internet Explorer 11 にアップグレードすると、Windows 10 への移行が容易になります。

Web アプリを最新の標準にアップグレードすることが長期的に最善の方法ですが、お客様は Internet Explorer 11 の下位互換性を利用して、独自のスケジュールで Web アプリをアップグレードすることができます。互換性を高める方法について詳しくは、こちらをご覧ください。

私も、来年1月に向けて、パソコンを順次windows10に切り替えしていますので、標準ブラウザをMicosoft Edgeに合わせて切り替えることにしました。

Google Chrome より高速になっているとも言われていますが、正直なところよくわかりません(笑)

 

使い勝手としては、お気に入り、ブックマークについては正直使いにくくなったなと思います。

cortanaという音声検索機能については、音声データをマイクロソフトに送るらしいので、正直使用を躊躇しています。

また、検索等のスピードについては体感上では早くなったとは感じられませんでした。

 

面白い点は ブラウザ上で落書き、蛍光ペン、手書き、メモ、スクリーンショット機能などが標準装備されたところです。

 

下記はYAHOOの画面に落書きとメモを貼り付けて、スクリーンショットで保存したものです。

 

うまく使えば、ホームページやブログ記事の作成、報告書などを手際よく作成するために役立つかもしれませんね。

まだ、Microsoft Edgeは普及が進んでいないようですが、試してみて慣れていきたいと思います。

◎鉄道の人身事故を考える

出典:中日新聞ホームページ

 

先週の2月13日(水)のことですが、JRで名古屋方面に向かうために駅に到着したところ、東海道線の豊橋-大垣間が運転を見合わせていまして、その影響で名古屋で予定していた仕事の予定をキャンセルせざるを得なくなりました。結局、15時くらいから運転再開となったようですが、ダイヤの大幅遅れは夜まで続いてしまったようです。

 

線路内での人身事故ですから、事故をされた方への対応はもちろんですが、警察の現場検証、車両や線路などの安全点検等を含めてすぐには再開できないことはやむをえません。

 

出典:鉄道人身事故データベース

 

事故情報をいろいろと調べていたところ、鉄道人身事故データベースというホームページがありましたので自分の遭遇した事故とそれ以外の情報を見ていてとても驚いたことがありました。

 

まずは、事故の件数の多さで年間で毎年1000件以上発生していることから、日あたり3件のペースでコンスタントに事故が発生していると言うことに加えて、人身事故のため死亡、重体が大半を占めているということ。さらには年齢別でみると20代の方が一番多いということにも少し驚かされますね。

 

近頃、JRだけでなくて名鉄電車でも人身事故が多いなと感じていましたが、この結果を見て件数が多いことは急に増えたわけではなくて、毎年、減っていないことなのだと思いました。

 

物理的に防止するには、駅ホームに落下防止柵などを順次設置してほしいものですし、また、緊急停止ボタンを目立つように増やすなどして、年々でいいから件数を減らすことが必要です。人命に関わるわけですから、税金を投入して行政として行うべき課題だと思います。

 

また、飛び込みなど自ら命を絶つ方も残念ながらいるかもしれませんが、早まった行動を思い留まるようにはできないのだろうか? 未来に希望が持てないなど理由があるかもしれないが、人と話をするだけでも、もしかしたら救われるかもしれない。

 

車は自動運転技術や安全装備が、年々と進歩しており事故防止に役立っているのだから、どうして、電車にも応用できないのかと思いました。

 

たとえば、駅や踏切にカメラやセンサーをつけて落下や侵入などがあれば、停止させることや線路を高層化するなどにより侵入を防ぐなど、いろいろと方法はあるだろう。人命にかかわることであり、重要な社会インフラなのだからぜひそこへ予算を使ってほしいものですね。

◎統計不正はなぜ?

新聞やニュースで厚生労働省の統計不正問題が、連日のように取り上げあれていますが、統計不正はなぜ行われたのでしょうか?

 

統計不正が組織ぐるみなのか?誰の指示で行われたのか?このあたりは保管義務のある議事録を廃棄??しているそうで、真相はおそらくあきらかにされないまま、担当レベルの処分で終わってしまうのでしょうね。

 

『そもそも統計不正がなぜ行われたのか?』 担当レベルの方が自分の身に危険を冒して不正をする理由がありませんから、統計不正をすることで得をする人の指示だと思うのが自然ですね。

 

『統計でウソをつく』で検索すると山のようにいろいろな書籍とか出てきます。統計でウソをつくことは、よくある手法で驚くことでもありません。また、統計を取る人や組織に、最初から統計結果に対して恣意的な意図があれば、統計でウソをつくこと自体は、ごく自然に行う行為だと言えます。

 

つまり、数字そのものを改ざんしたら不正となりますが、都合のいいデータのみ公表するとか? 都合のいいデータを集めてサンプリングすれば必ずしも不正ではなくて??平気でウソがつけますから....

 

最近では、研究論文のデータ不正、建築物の基準違反の偽装など数字を使ったさまざまな不正が横行していますが、根っこは同じで、いわゆるプロや専門家が素人をだますこと、これは、技術者やプロが魂を売るということです。いわゆる有識者と言われる先生方の正義と理性が問われると言えます。

 

太平洋戦争の時代、大本営発表で撃ち落とした戦闘機の数、撃沈した戦艦の数、死者の数など、多くのウソの戦局報道をして、国民を間違った方向へ誘導した苦い経験があるはずです。

 

統計でウソをつく国のレッテルを諸外国から貼られてしまうと、さまざまな政策の効果、業績、株価などあらゆる面で信用を失墜することにつながります。

 

本当のところ、景気はよくなっているのか?知りたいことはこれだけです。

◎AbemaTVとYoutubeをテレビで見る

インターネットテレビとして人気があるAbemaTV、そして、ネット動画Youtubeですが、パソコンやスマホでは少し画面が小さくて見づらいと感じませんか? *AbemaTV https://abema.tv/ Youtube https://www.youtube.com/

 

そんなときおすすめしたいのが、amazon fire TV Stick です。

 

設定は実に簡単でして、HDMI端子付テレビにFire TV Stickを挿入して、Wifi接続すれば、すぐに使えますので、わずらわしい設定など一切ありません。

 

ただし、amazonプライム会員になることが必要で年会費3900円となりますから、年会費を高いと感じるかについては、amazonでお急ぎ便でネット通販を利用する方であれば、簡単に元が取れるものと思います。

 

音楽、ビデオ、本に加えて、Abema TV、Youtube などをテレビ番組の操作の感覚で使えることは、とても快適で、古いアニメとかドラマを見直すなども面白い活用方法です。インターネットとテレビ、そしてスマートホンの融合とでもいいますか、どんどんと垣根がなくなってきて、便利な道具がいろいろと出現してきます。

 

音声検索、顔認証、人工知能AI、自動運転など、すべての情報がつながるようになってきて、融合と進化をするのでしょうが、

これらの道具については,人が正しく取捨選択して、個人情報等に留意してうまく使いこなしていきたいものです。

◎トヨタカレンダー2019

【2019年DENSOカレンダー 公式ホームページより抜粋】

トヨタカレンダーをご存知ですか?

 

トヨタ関連企業の年間カレンダーのことを言いますが、基本的にトヨタの製造ラインの稼働日に合わせて、トヨタ系列の部品メーカー等は出勤日を決めています。

 

ちなみに、昨年(トヨタカレンダ2018)、一昨年(トヨタカレンダ2017)もトヨタカレンダーをブログに書きましたが、今年は例年に比べて、天皇の即位の日の発表などの影響?で、トヨタカレンダーの公表が少し遅れた気がしますね。

 

昨年12月「天皇の即位の日及び即位礼正殿の儀の行われる日を休日とする法律(平成30年法律99号)」公布・施行されたことに伴い、トヨタカレンダーも対象日はお休みになりました。(対象日2019年4月30日(火) 5月1日(水) 5月2日(木) 10月22日(火))

 

トヨタカレンダーは、原則、祝日は出勤日で、その代わり盆休み、GW、正月休みは長いことが特徴です。

祝日を稼働日として週5日稼働を維持することは、製造ラインの効率化、1週間のカンバン枚数の平準化、系列会社を含めた安定生産・納入に効果があると言われています。また、長期連休は、九州など遠方出身の方の帰省などにも役立っていると聞きます。

 

2019年トヨタカレンダーの長期連休と「天皇の即位の日及び即位正殿の儀」による休みは下記のとおりです。

 

*5月のゴールデンウィーク:4月27日(土)~5月5日(日)⇒9連休 (10連休でなく5月6日(月)祝日は出勤日なので要注意!)

*8月の盆休み:8月10日(土)~18日(日)⇒9連休

*10月22日「即位正殿の儀」:10月19日(土)~10月22日(火)⇒4連休

*正月休み:12月27日(金)~2020年1月5日(日)⇒10連休

 

参考として下記にDENSOカレンダ2019をリンクします。

https://www.denso.com/jp/ja/about-us/calendar/

 

*注意点として製造部門とフレックス部門、東京支社などで違いがありますので、別途確認が必要です。

*例年あった1月、2月の第3、4土曜日の稼働日は2020年はなくなりました

 

 当社の位置する安城市は豊田市、岡崎市に隣接しており、トヨタ自動車、三菱自動車及び系列関連企業が集まる自動車産業の一大集積地なので、トヨタカレンダーは、お弁当屋さん、ゴルフ場、飲食、サービスなど、いろいろな仕事に影響があります。

 

当社もトヨタ関連の部品をカンバン方式で納入していますので、毎年この時期になるとトヨタカレンダーをいちはやく入手して、自社の出勤日を決めています。また、今年は働き方改革など考慮して早めにカレンダを作成せねば....。

 

*2018年トヨタカレンダー    *2017年トヨタカレンダー