◎『あおり運転』は免停になります

交通死亡事故につながる「あおり運転」は大きな社会問題となっており、昨年7月、堺市でバイクに追い越されたことに腹を立てて、あおり運転の後にバイクの大学生に車を激突して死亡させた事件では「殺人罪」が適用され、懲役16年が求刑されました。

 

殺された大学生の命の償いが、殺人者のたった懲役16年では少し軽すぎると思いますが、あおり運転で殺人罪が適用された裁判結果は一定の評価ができるのではないかと思います。

 

「殺人罪」の決め手となったのは、ドライブレコーダに残されていたバイクに衝突させた後の容疑者の「はい終わり」の言葉で、この証言が「未必の故意(みひつのこい)」と判断されたようです。

 

つまり、明確に殺意はなくとも、その行為をしたら死亡することを認識しての行動については、殺人罪を適用できると見なしたということです。また、ドライブレコーダが、今回の裁判の判断材料となったわけで、これから自分の身を守るために、ドライブレコーダは自己防衛に欠かせませんし、法的にドライブレコーダの車載を義務化してもよいかもしれません。

 

 

ちなみに「あおり運転とは?」 *交通教本「あおり運転の態様と違反種別」より引用

 

①前方の自動車に著しく接近し、もっと速く走るように挑発する →車間距離保持義務違反(道路交通法第26条)

 

②危険防止を理由としない不必要な急ブレーキを掛ける →急ブレーキ禁止違反(道路交通法第24条)

 

③後方から進行してくる車両等が急ブレーキや急ハンドルで避けなければならなくなるような進路変更を行う。 →進路変更禁止違反(道路交通法第26条の2第2項)

 

④左側から追い越す →追い越しの方法違反(道路交通法第28条)

 

⑤夜間、他の車両の交通を妨げる目的でハイビームを継続する →減光等義務違反(道路交通法第52条第2項)

 

⑥執拗にクラクションを鳴らす →警音器使用制限違反(道路交通法第54条第2項)

 

⑦車体を極めて接近させる幅寄せ行為を行う →安全運転義務違反(道路交通法第70条)、初心運転者等保護義務違反(道路交通法第71条第5号の4)

 

なお、重大な事故につながる「あおり運転」と判断された運転者は、免許停止などの行政処分が科されますし、暴行罪が適用されることもあるため、加害者としてはもちろんのこと、被害者にならない様に注意が必要です。

 

ところで昔から、「運転すると性格が変わる人」っていませんでしたか?

 

このような人は、たとえば日常生活の中で強いストレスを溜めているとか、普段はおとなしい?がうまくストレスが発散できないとか、あるいはちょっとしたことでカットなるとか、潜在意識に短気な性質を持つ人なのだろうと思う。

 

最近、運転していると不必要に車線変更して慌てている人、車間距離を取らない人などを見受けますが、いったいなぜそんなに慌てているんだろうか?そんなに早く目的地に着きたいのか? だったら少し早く家を出てのんびり運転したらどうかと思う。

 

また、コンビニのレジでいつもせっかちで、お客も店員さんも慌てている様子なんだけれども、そんな急いで買わなければならないモノっていったいなんなのだろうか?(笑)

 

また、歩きながらスマホをする人、運転しながらスマホをする人、そんなに慌てて何か?調べものでもあるのか?

 

大慌てしたところで、時間を有効に活用しているとは思えないし、イライラしたところでよいアイデアも出ないし、良い判断もできないのではないかと思う今日この頃。 少しでもリラックスしておだやかな気持ちで暮らせるようにしたいものですね。

◎一年の目標と抱負を考える

昨年は、あらかじめ計画を立てて考えてから行動するというより、目の前の課題をクリアするためにがんばっているうちにあっという間に、一年が過ぎていった...そんな年だった。

 

さて、今年はどんな年にしていこうか? 少し立ち止まって今年の目標と抱負について、昨年までの取り組みも踏まえて考えていきたい。

 

頭の中をクリアにするために、まず、やるべきことをとにかく書き出して、その中で重要度によって優先順位をつけてみる、そして、それを週単位とか月単位? ある程度でいいから、やるべきことと目標の期限をざっくりでいいからまず設定してみようか?(笑)。

 

あと、パソコンやスマホの不要なアプリやデータの削除、パスワードの再設定、買ったけれども読んでいない本、いただいた名刺の整理整頓など、やりたいけれども、ほったらかしのことが山ほどある。

 

本当はホームページについても新しい情報を盛り込んだ形に一新したいと思っているがいっこうに進んでいないし....でも、少し落ち着いてやりたいイメージを膨らませる時間があってもいいんじゃないかな?と思う今日この頃。

 

昔、ブームになった『断捨離(だんしゃり)』もありかなと思います。入ってくるいらないものを断ち、最近使っていない不要なものは捨て、一度、整理して、モノをため込まずにまず身軽になること。

 

これは何もモノだけではなくて、人、情報、仕事などすべてに通じる。とにかく、人につながりを求めてSNSやインターネットでつながること、そして湯水のように流れるネット情報がとにかく多すぎる...SNS疲れなどという言葉が流行したけれども、これらもすべて一度、断捨離をしてみることが必要なのでは?

 

ある意味では、トヨタ方式の『必要なものを必要なときに必要なだけ』は 究極の断捨離...いや合理化なのかもしれません(笑)。

一度、いろいろなムダを削ぎ落して断捨離をしてみると、本当に必要なものは何か?が見えてくるかもしれません。

◎横綱稀勢の里の引退に思う

3場所にわたる8連敗のワースト記録を更新し、今場所、いきなりの3連敗となった横綱稀勢の里が、ついに引退を決断しました。残念な結果に終わりましたが、まずは、素直にお疲れさまと言いたい。本人の敗戦後の表情を見ると、まさに満身創痍と言った感じて、正直早く楽にしてやりたい、かわいそうだなと思いました。

 

個人的な意見としては、そもそも稀勢の里にとって横綱になったことが良かったのか? 横綱になったばかりに相撲人生を短命に終わらせてしまったのではないか?と思います。

 

横綱審議委員会の横綱推薦内規によると【1】横綱に推薦する力士は、品格、力量が抜群であること。 【2】大関で2連続優勝した力士を横綱に推薦することを原則とする。 【3】第2項に準ずる好成績を挙げた力士を推薦する場合は、出席委員の3分の2以上の決議を必要とする。 【4】品格については、協会の確認に基づき審議する。 とある。

 

ちなみに、稀勢の里は 内規【2】大関で2連続優勝した力士を横綱に推薦することを原則 を満たさないが、毎年、安定した成績を大関として挙げていたことを根拠に、横綱に昇進となりました。

 

内規【1】の中の力量が抜群であること、横綱は他の力士を寄せ付けない圧倒的な力量差がなくてはならないのですが、結果論となりますが、このあたりの選考の過程で日本人横綱を早く登場させて、相撲人気を復活させたい等のあせりから、力量不足の状態で横綱に選考してしまった横綱審議委員会にも選考責任があるのではないか?と思います。

 

モンゴル出身の白鵬、あるいは引退した日馬富士等と比較して、稀勢の里に対しては選考から、その後の引退勧告をしない状況などを含めて、どこか甘さが感じられました。

 

野球発祥の大リーグにおいても外国人選手の活躍はあたりまえで、スポーツの世界がグローバル化は避けられない中、日本のお家芸の柔道でも日本人がなかなか勝てませんが、外国人と日本人の体格差なども含めてやむをえないかもしれません。

 

『柔道』→『JUDO』、『相撲』→『sumo wrestling』、海外ではこのように呼ばれていて、とても人気がありますので、海外の方を受けれているのであれば、この流れに逆らうことはできません。

 

むしろ、世界に相撲を売り込んで興業的に成功をおさめつつも日本独特の文化(女人禁制、神事)などについて、広く世界の方に理解を得ていく必要があるかと思います。

 

白鵬などモンゴル出身の横綱は、横綱審議委員会から横綱の品格を問われる場面が過去にありましたが、そもそもの相撲は神事であるという様な精神的なところを、どのように海外の相撲ファンを含めて伝えて伝承していくのか?横綱審議委員会のメンバー構成の中に外国人の方を入れるなど、そして、相撲協会も含めて、人事など頭の柔らかい方に血を入れ替えるなど、刷新する必要があるのかもしれませんね。

◎平成31年銘ミントセット販売開始

出典:造幣局オンラインショップ

 

平成最後の平成31年銘の硬貨ですが、4月から新元号に変わるのでどの程度出回るのかは不明ですが、確実に未使用品を入手する方法として造幣局でミントセットを購入する手があります。(昨年のミントセット記事はコチラから)

 

平成31年は1~4月の4ヶ月のみで平成最後の年で、ネット上でもひそかに人気が出ているようですが....昨年に続いて、私は平成31年のミントセットもさっそく注文しておきました。プレミアがつくことはおそらくないですが(笑)

 

海外に向けての平成31年銘ジャパンコインセットはさっそく売り切れになってしまっていますね、こちらはイノシシのデザインも入っていて欲しかったのですが、すでに売り切れてしまい残念です....興味がある方は造幣局オンラインショップからどうぞ。

◎amazon New echo dot 使ってみた感想

出典:amazon 公式ページ

 

昨年末にamazonにてAI機能を持つスマートスピーカNew echo dot が割引された価格で販売されていた。さて、どうしようか?

 

日本語の音声認識の精度や音声の録音等によるプライバシー面などで、少し懸念があり、正直なところ、なかなか手を出しにくいと感じていたのですが、割引に加えて、第三世代となり性能面でも向上したようで、新しいもの好きな私は、ついに迷いながらも買ってしまいました。

 

読書、買い物、音楽、映画、などで、いつもAmazonにお世話になっているヘビーユーザー(笑)の私は、Fire TV、Fireタブレットなどと同様で、買ったらその日にすぐにいろいろと試しに使ってみました。

 

使ってみてなかなかいいなと思った機能としては、本の朗読機能ですね。これには少しびっくりしました。寝ころびながら朗読をしてもらえば、気軽にながら読書もできますよ。

 

具体的には、amazon KINDLEで登録した本を、echo dotで読ませるということですが、日本語の音声は標準に近くて、聞き取りやすい音声なので、パソコンをしながら本を朗読してもらうなど、いろいろと使い道があるかと思います。

 

また、他に良いと思った機能は、echo dotに音楽を適当に選曲してもらい、もし、その曲が気にいったら曲名を確認して、音楽をアプリに登録しておけば、いつでもどこでも聞くことができます。うまく使うと懐かしい曲などをなにげに発見できることも、しばしばありますね。

 

まだ、今日届いたばかりでの第一印象なので、さらに使い込むと良い点と悪い点もいろいろとわかるかもしれませんが...とりあえず、さらに使い込めば、相当、仕事や生活で役立つツールだと感じました。買いですね...あと、音声情報のプライバシー保護などは、機器の設定などをもう少し調べてみる必要があるかとなと思いました。