◎『つながり孤独?』クロ現+から 

7月25日(水) クローズアップ現代+『つながり孤独』若者の心を探って 番組では、ツイッター、フェイスブックなどのSNSが普及する中で、多くの人とつながっているのに孤独を感じる人が増加しているといいます。

 

意見としてたとえばSNS上では「本音が言えない」、「人と比べてしまう」、「多くの人とつながっていたい」などで、このような意見が出るのは自分もなんとなくわかる気がしますね。

 

まず、電車の中や歩きながら等スマホを見ている人がとても多くて、スマホに連絡がないかどうか、いつもスマホを身近なところに置いてソワソワしていてどこか落ち着かない様子の人もいて、人がスマホに振り回されているようにも見えますね。

 

 

江戸時代のころは、伝書鳩、飛脚を使って文を届けたかもしれないし、昭和の時代は黒電話や公衆電話からしか電話はできなかったし、

それこそ、中学生は交換日記?(死語)が流行った時代もあった。なにか、調べたければ、辞書を引いたり、図書館で調べたりしたものだ。現代では、ググればすぐわかる。とても便利な世の中になった。

 

スマホや携帯の無い時代は、黒電話で相手の自宅に電話すると、相手の親から信用されないと電話をつないでもらえなかった様な苦い思い出もある(笑)。

 

なかなか、つながれないことや伝える手段がないから努力や工夫をして、相手にどうやって接近するか、偶然を装って話かけたりと子供ながらに知恵をしぼった。つながれないことが想像力を膨らませたり、ムダな努力をして、それはそれでよかったような気がする。

 

簡単につながることができて、表面上でネットワークができあがって、お互いがお互いのつながりが見えてしまうことが、かえって人と人を比較したり、希薄な人間関係をどんどんと増やしてしまうかもしれない。

 

まず、前提として思っておいた方がいいことは、親友などはたくさんできるはずもないし、人はもともと孤独だろうし、そして、人に認めてほしいかもしれないけど、あまりそこに価値を見出さない方がいいな、疲れるからね..もっと自然体でもかまわないと思う。

 

SNSで いいねをたくさんもらえたとか、多くの友達申請があるとか、他の人の行動がうらやましくなるとか、過度に人とのつながりを気にすると承認が欲しくてたまらなくなるのだと思う。こうなると大変だから。

 

便利なツールだけにうまく利用できると情報の拡散効果が大きいけれども、むしろ、孤独を感じる人が増えているのは、なんとも皮肉に思える。なんせスマホも万能ではないはずだから、うまく良い機能を選んで上手に使いこなしていきたいものですね。

◎気温40℃越え?最高温度の更新か?

ついに日中の最高気温が40℃を超えてきましたね。暑いを通り越して危険の一言!最高で43℃くらいまで上昇しました。

 

熱中症注意を喚起する環境管理温湿度計をご存じですか?温度計と湿度計の交点を読み取り4段階で注意喚起をします。

 

1.注意(温度・湿度の上昇に注意)、2.十分注意(温度・湿度の上昇に十分注意)、3.厳重注意(換気・冷房・適切な水分補給が必要。)4.危険(涼しい所に移動。適切な水分補給。身体を冷やす。)

 

ちなみに本日は『危険』をいただきました....40℃越えで温度計の針が振り切れております!

こんなときはかき氷等を食べてシャキンと体を冷やしましょう!外回りの仕事やエアコンが効かないところもありますので、くれぐれも体調管理には水分をとり、十分に注意が必要になると思います。

  出展:中日新聞三河版(7/26付)から

◎セミの幼虫(どんごろ)の羽化

一昨日は土用の丑の日でしたが、うなぎは高くなりすぎてしまい、とても買う気持ちにはなれません。昔は中国産は350円、国産でも800円でカバヤキ一尾をスーパーで購入できましたから...ウナギを買う人が減り、ウナギ養殖場ではウナギが売れずに余ってしまいとても困っているらしいです。(摩訶不思議)

 

一年で一番猛暑の厳しい季節を迎えて全国各地では熱中症で病院に運ばれる方も多いようですから、適度に水分や塩分を補給をしつつ体温を調節して体調管理に気をつけたいものです。

 

日中は38℃ぐらいまで気温が上昇してとても外出する気になれないのですが、夕暮れ時にそっと庭に出て花に水を撒いていると、おやおや.....セミの幼虫が羽化をはじめているではありませんか?懐かしいな~

 

セミの幼虫ってそういえばたしか「どんごろ」って呼んでいたよなと思い出しました。いや待てよ、全国ではなくてどうやら三河弁の方言かもしれないなと思って、ネット検索してみる。

 

「どんごろ」は三河地方だけでしか通用しないんだとわかりました(笑)

出典:全国各地のセミの幼虫の呼び名(セミの家) http://zikade.world.coocan.jp/nameofnymph.html

 

昔、セミの幼虫(どんごろ)をつかまえるためにまず巣穴を見つけて、巣穴に水を流し込んでそれで出てこなければ掘り返して取り出していましたね...今考えるとずいぶん酷いことをしていました。

 

セミの幼虫の羽化は日中見られることはなくて、暗くなってからそっと人目を避けるように木の枝等に登って羽化をはじめて、そして朝になると飛び立っていきます。羽化してすぐは羽は白いですが、しばらくするとアブラゼミであれば茶色に変化してきて飛べるようになっていく様子はとても神秘的ですね。

セミの幼虫は何年間も土の中にいるのですが、地中に出るとすぐに羽化して成虫になってからの寿命はとても短いです。 夏の終わりと同じでなんとなく、輝く時間が短いゼミに無常のはかなさを感じるには自分だけでしょうか?セミを捕まえてはいけないとよく言われましたが、家で飼うと一週間ぐらいで死んでしまいますから。

 

朝になると昨日の幼虫は無事に羽化して抜け殻だけが残っていました....

◎ものづくり岡崎フェア2018 お礼!

ものづくり岡崎フェア2018 7/11(水)~7/12(木)2日間の開催でのべ15000人以上の来場者があり大盛況により無事終了いたしました。 https://okamono-fair.com/news/entry-810.html 多くの運営スタッフの方々やホームページ等での事前告知などの効果も大きく、また、西三河地区の製造業の力やものづくりに対する関心の高さによるものであると感じました。

 

当社のブースは武道館入口すぐのところにありましたので、すぐに来場者の方に見ていただけることもあり、2日間で300人以上の方が当社ブースを見学され、また多くの方とも名刺交換やご挨拶する機会にも恵まれました。

 

当社のブースではCFRP(カーボンファイバー強化樹脂)の3D造形品やCFRP用フィラメント(3D造形用材料)等を手に取って触れるように展示を 行い、また、会社紹介のプロモーションビデオを流しました。全ての方に丁寧にお話ししたかったのですが、混雑時にはなかなか説明や対応ができずにご迷惑をかけてしまうこともありました。

 

今回、ものづくり岡崎フェアに初めて出展参加したわけですが、規模の大きさだけでなくお越しになる来場者の方々は、ものづくりの関係するお仕事の方が多く、専門的な質問もありうまく答えられないこともありました。多くの方の技術に関する関心の高さやさまざななニーズがあることもわかりとても勉強になりました。

 

出会えた方々に全てお礼をしたいところですが、取り急ぎブログによりお礼を申し上げます。ありがとうございました。 

樹脂切削加工品『おかざえもん』㈱飯田樹脂様 飯田社長様の考えられたおかざえもんプレートで記念撮影!

 

 

碧南の超有名やきそば『大磯屋さん』ものづくり岡崎フェア2018に登場!!

大正15年創業の碧南焼きそば『大磯屋』さん

 

さっそく、こちらのやきそばを食べてみた感想は、見た目は細麺かと思いきやモチモチしていてしっかりとコシがある確かに宣伝通り!!正直今まで食べたことのない触感でして、すぐに完食してしまいましたよ。みなさんもぜひお試しあれ! 大磯屋受付電話0566-41-0076

 

ちなみに当社は 2018年10月31日(水)~11月02日(金) 名古屋プラスチック工業展に中部日本プラスチック製品工業協会の合同ブースとして、出展が決まりました。 名古屋プラスチック工業展 http://nagoya-platen.com/

詳しいことはあらためて告知致します。

◎岡崎ものづくりフェア2018 いよいよ開催!

6月末には、ワールドカップの日本代表の大健闘による夜更かし、4月末に申請したおいた「ものづくり補助金」の合格発表、そして、今週から開催される岡崎ものづくりフェア2018の準備など、いろいろなイベント?が重なってしまって、いつのまにやらブログが更新できてないことに気がついた。 とブログの更新できないいいわけを少し考えてみた....

 

ところでいよいよ今週となった、7月11日(水)、12日(木) 岡崎ものづくりフェア2018 岡崎中央総合公園 総合体育館で開催されます。

 

*会場アクセスはコチラから⇒https://okamono-fair.com/access/

会場は体育館と武道館の2箇所にわかれておりますが、当社のブースは武道館内D-8となります。

また、当社の紹介ページはコチラから⇒https://okamono-fair.com/companylist/molding/entry-616.html

 

D-1~21ゾーンは樹脂成形/加工の会社が一堂に集まるブースとなりますので、樹脂に興味のある方はこのゾーンを見学されればきっと、お探しのテーマが見つかるはずです。

7月11日(水)10:30~ジェイテクト「人が主役のスマートファクトリー」7/12(水)10:30~三菱自動車「電動化社会への取り組み」など中部地域を牽引する企業様の講演会やトークショー、ものづくり”売り込み”商談会など同時開催されますのでぜひこちらも合わせてお立ち寄りください。

  

多くの方々へご案内を差し上げる余裕もなく申し訳ないです。

 

明日、パネルや展示物を搬入することとなり、今更ながらバタバタと準備を始めています....遅いな あいかわらず(笑)。

 

今回の当社の展示は、炭素繊維(カーボンファイバー)強化樹脂の3D造形品の展示と3Dデータを活用したIOTものづくりを紹介する予定です。いつもの通りぶっつけ本番のイベントトーク? 勢いだけで乗り越えたいと思っています。