◎香り立つ安城ブランド「モテアロマ」販売へ

出典:中日新聞 西三河版総合 2月27日記事

 

安城市の中小企業6社が提携し、エッセンシャルオイルの香りが楽しめるインテリアグッズなどのブランド「モテアロマ」を3月下旬から販売する予定、ブランドづくりには、昨年からスタートした安城ビジネスコンシェルジュ(ABC)の助言で商品化されたとのことです。

 

東京で開催された国際見本市「東京インターナショナルギフトショー」に出品して国内外からも予想を超える反応があったとのことで、安城発のナショナルブランドには大いに期待したいものです。

 

「モテアロマ」と言うブランド名、癒しのボール「アロマシュマロ」などの商品名はとてもユニークなネーミングですね。なかなか頭の固い私には思いもつきません....

 

中小企業はなかなか下請け体質から脱却しづらく、特に西三河地区は大手自動車メーカの部品を含めた集積地域であり恩恵に与る反面、マーケティング、商品化、販路確保などは中小企業の最も苦手とする分野です。中小企業間で得意とする分野や技術で連携して、町をあげて支援を行いながら、地域ブランドや商品化ができればこんなに素晴らしいことはありませんね。 

 

新たなビジネスモデルを創造してチャレンジする中小企業の経営者やサポートする方々には、いつも元気や勇気をいただけます。

◎情けは人のためならず

『情けは人のためならず』は「情けをかけることは結局、その人のためにならない」という間違った意味での勘違いをしやすいのですが、そうではなくて、「情けは人のためにかけているつもりで親切にすることは、回りまわって自分のためにもなる」と言う意味ですね。

 

最近、ご近所の方々や友人なども含めて、いろいろと損得抜きで助けていただけたり、親切にしていただけることが多くなった。とてもありがたいことです。

 

どうしても営利を追及していると利己主義的な考えをしがちで、自分さえよければよいと思ってしまう中、このような温かい親切をしていただけると、自らがもう少し徳を積まないといけないなと思うようになりました。

 

徳を積む方法はいろいろとあるのでしょうが、やはり何らかの形で人の役にたつ善行をすることや日々の健康でおだたかな暮らしができることに感謝すること。最近、特に思うことは感謝の気持ちは口に出さなくてはいけなくて「ありがとう」とかは身近な家族や友人など自らを取り巻く人にその都度、口に出すといいと思います。

 

困ったときはお互い様というような温かいつながりを大切にしたいですね。

◎ホームページデザイン変更と平昌五輪

ホームページを数年前に作成してから、デザイン変更やコンテンツの再検討を行っておらず、さらには先週2月16日(金)にうっかりとホームページの顔であるランディングページ(表紙の写真)を誤って削除してしまいました。しかたないのでホームページのデザインを若干変更して体裁を取り繕いました.....(汗)

 

今後、コンテンツの見直しやデザインの変更を勝手な思いつきで変えていくので、少しご迷惑をかけるかもしれませんが、温かい目で見守ってくださいね。

先週は平昌オリンピックのメダルラッシュで少し夜更かしが続いてしまい、知らない間にブログの更新を忘れていました。

 

小平選手の金メダル獲得に感動しましたが、その以上に2位の韓国の李相花選手とのウイニングランはすばらしかったですね。

 

今回の平昌オリンピックは、朝鮮半島の南北統一や北朝鮮との対立構図等の政治と絡めた形の報道が目につき、少し残念な一面もありましたが、このように同じ競技で共に高めあい尊敬しないながら、がんばった者同士が国籍を乗り越えて称える合う姿には感動しました。

 

メダルの数を国別で競うことやテレビCM等で営利を追求することがオリンピックの目的ではありませんから....(オリンピック憲章)

◎無料!『情報セキュリティハンドブック』

スマホやインターネットが普及したおかげて、とても便利な世の中になりましたが、逆にビットコインの流出事件のように財産を一瞬にして奪うようなサイバーテロやネット犯罪なども発生しています。

 

これらは決して人ごとではなくて、知らないうちに個人情報が盗まれていたり、盗撮やSNS等でプライバシーが侵害されているかもしれません。

 

スマホなどの情報機器を使うのがあたりまえになったため、最低限の自分を守るための必要な知識を得ておく必要がありますが、どこで学べばよいのでしょうか?

 

そんなときにとりあえず無料でお手軽なものが、内閣サイバーセキュリティセンター発行『情報セキュリティハンドブック』(PDF版)はおすすめです。

 

無料であるにも関わらず159ページの厚さで内容は充実、さらにはアニメキャラも使いながらわかりやすく書かれています。

 

自分には関係ないよと思うかもしれませんが、実際にウイルス感染等を起こした場合は自分だけでなく、アドレス帳の取引先や友人等全ての関係先に迷惑が及ぶこともあります。

 

顔認識、位置情報、カメラ機能等は便利ですが、個人情報やプライバシーについては、情報端末やアプリの設定に注意して、上手に使いこなしたいですね....進歩のスピードが早すぎると感じるのは僕だけ(汗)

 

◎今話題のMr.Children 「here comes my love」

フジテレビ系木曜劇場「隣の家族は青く見える」主題歌 

Mr.Children「here comes my love」

 

2018年1月19日配信スタート 約1ヶ月あまりでyoutube60万回程度のアクセス数とは....さすが Mr.Childrenですね。

 

short firmのシナリオを見た上で動画を見てみると、思いやメッセージを伝えたいというクリエーター桜井さんの強い意気込みを感じます。 

それにしても、これだけの作品を無料配信とはびっくりしますね。

 

ますます、進化しつづけるMr.Childrenにはただ驚くばかりです。

◎トヨタ生産方式の考え方と進め方

トヨタ生産方式については書店にいくといろいろな解説本が出ていますが、トヨタ自動車のホームページでどのように取り上げられているのかをあらためて再確認してみました。

 

トヨタ自動車公式HP解説は⇒トヨタ生産方式

 

『ムダの徹底的排除の思想と、造り方の合理性を追い求め生産全般をその思想で貫き、システム化した生産方式』

自働化と目で見る管理

 

『品質は工程でつくりこむ!』

あらためて内容を読んでみると実にシンプルであり、あえてこれ以上の解説本は必要ないと思いますが、実際の製造現場でこの思想を落とし込んで運用しようとすると、それぞれの会社にあった創意工夫が必要になるかと思います。

 

たとえば一言で『異常』と言っても意味は『いつもと違う』であり、不良や設備故障はあきらかな異常でわかりやすいですが、たとえばチョコ停の場合はどうだろうか?ある意味止まるのだから異常ですが...

 

チョコ停とは何らかの原因で(エラーメッセージにより)設備が短時間停止することを言いますが、特に設備が故障しておらず、不良を作っているいない場合は、メッセージを解除して再稼働する場合もあります。

 

チョコ停の処置をどうするべきか?

 

そこでオペレータの対応力やスキルがとても重要になります。本当に意味のない?チョコ停であれば、停止しないようにセンサーを切るとか感度を下げればよいわけです。

 

逆に本当に問題があればすぐに停止してもらわなくては、不良の山を作り、設備は完全に壊れてしまうかもしれません。

 

生産を任せられているオペレータはノルマの生産数があるためにチョコ停の原因分析を怠り、とにかく設備を動かそうとする傾向があります。

 

『異常があればとにかく生産停止』さらに加えると

『異常時の3原則=止める・呼ぶ・待つ』がとても大切です。

 

最終的に異常処置は個々の判断力、対応力に依存する部分が大きいため、いくら完璧なシステムを構築しても限界があります。また、異常を取り除く手段や工程の改善・創意工夫は人にしかできません。

 

トヨタの『モノづくりは人づくりから』の考え方は最終的にはこのあたりと通じるところがあります。


『必要なものを必要なときに必要な量だけ造る』

トヨタ生産方式=ジャストインタイムと思われるぐらいに有名ですが、勘違いしてはいけないことは『ジャストインタイム』は手段であって目的ではないということです。

 

『ジャストインタイム』を行うことでムダ取りができて最終的に利益につなげることが目的であって、これらの活動に無理があり逆に不利益がでてしまうのであれば本末転倒なのです....

 

『ムダ』とは?

①時間(工数)のムダ:手持ち、探す、運搬、過剰な検査他 

②在庫のムダ:材料先取り、作りすぎ、中間在庫及び長期滞留他 

③不良のムダ:材料のムダ使い、作り直し、再検査、手直し他 

④動作のムダ:不適切な作業方法、治具不備、マニュアル不備他 

 

追加するとチームワークの悪さや意識レベルの低さに起因するムダとしては、情報伝達不足、誤発注、連絡展開忘れ等が最大のムダです。

 

また、最も悪いことは『ムダをムダと気がつかないこと』そういう自分もできている様でできていないかと思います...

 

たとえば、ありがちなことはいつも油で設備が汚れていて、誰も注意しないし掃除もしないことが続くと汚れていることを悪いことと思わなくなる。よく言われる『ブロークンウインドー理論』と同じ理屈です。

 

そうはいっても率先して自発的に掃除をしたり、改善ができる人は普通は誰もいませんし、私もできません....

 

ですから、気合いや掛け声だけではだめで『再発防止は人を責めるのではなくて、しくみを改善する』ことで対応します。

 

『本来あるべき姿(理想)は何か?』まさに経営哲学・思想に通じるかもしれませんが、これを追い求めていくこと。

 

従業員にも理想の姿を厳しく求めつつ、自らもそれを実践し継続的に繰り返すことで、思想を浸透させることができる。そしてそれが個々の企業が持つ風土や文化ができあがるのだろう。

◎100年に一度の大改革と『CASE』とは?

トヨタ自動車 豊田社長が語った自動車の『100年に一度の大改革』でこれから何が変わっていくのでしょうか?

 

2016年9月、メルセデスベンツがパリモーターショーで中長期戦略として発表した『CASE』が『100年に一度の大改革』を理解する上でとてもわかりやすいので引用しました。

ASE』のConnected(コネクテッド)は、スマホ、ネット、位置情報等より人とエンタテインメントがつながる複合的なサービスの提供のことです。

 

『CSE』のAutonumous(自動運転)は、高齢化に伴う事故やヒューマンエラーから命を守り、自動車事故ゼロを目指す技術革新のことです。

 

『CAE』のShare&Services(シェアリング)は、安城市でもスタートしている車の乗り捨て『キーモビ』ウーバーのカーシェアアプリ等、一家に一台車を保有する時代から車は社会でシェアするという考え方です。

 

『CAS』のElectric(電動化)は、石油など有限である化石燃料からハイブリット、電気自動車、あるいは水素燃料などにシフトしていくことです。

 

これから『CASE』が進んでいくと自動車産業はどう変わるのか?

 

IOT、AI、電子制御、バッテリー等の新規技術が進み、異業種との技術協力や新規参入が進み、既存の自動車メーカーとそのサプライヤーは、より熾烈な競争にさらされることは確実であろう。

 

特に電気自動車はガソリンで走るエンジンに比べて、構造が簡単であり技術的なハードルが低く、部品点数が少なくなるとされており、バッテリの小型高性能化と低価格が進み、インフラ整備により一気に普及することが予想されます。

 

特に中国では、国策として中国全土で電気自動車購入の補助金制度やインフラ整備を行い、電気自動車の急速な普及を進めており、さらには中国製の自動車生産で世界を制することを目指しています。

メルセデスベンツの新電気自動車ブランド『EQ』は欧州と中国をターゲットにしており、ダイムラーと中国の北京汽車(BAIC)の合弁企業BBACで生産予定で2019年から中国と欧州で販売が開始されます。

これらの動きは無視できないと思いますね....

 

また、若者のクルマ離れが進んでいると言われて久しいですが、自動車は購入金額が年々高くなっており、維持費も高いので、必要なときだけ借りる、あるいはシェアするという考え方に変わることは自然な流れと思われます。

 

100年に一度の大改革は先の話ではなくて、おそらくここ5年ぐらいで一気に進むと思われますし、特にトヨタ自動車のお膝元である三河地方の関連企業にも大きな影響があるかと思います。

 

変革はとかくピンチと捉えられがちですが、やり方しだいで大チャンスにもなりますので、Made in Japanのものづくりに誇りを持って、チャレンジにより変化をうまく乗り越えていきたいものです。

◎元祖八丁味噌はカクキューとまるや2社だけ

八丁味噌の登録商標の件で地元岡崎では驚きの声が多数あがっている。なぜなら、元祖八丁味噌2社(カクキュー まるや)が登録商標からはずれているからだ。

 

そもそも八丁味噌の名前はなぜ「八丁」なのか?八丁味噌ができたのは江戸時代以前で岡崎城から距離にして八丁に位置する岡崎市八帖で作られたことに由来します。

岡崎市の八丁味噌はNHK朝ドラ「人情きらり」で有名になり、毎日多数の人が工場見学に訪れていますが、実際に見ていただくと驚きますが、6トン用の巨大な木桶に重い石を高く積み上げて、2年以上熟成させる唯一無二の江戸時代から伝わる特殊な製造方法であり、他社ではマネができません。

 

また、全国でも少ない独特の豆赤味噌で、熟成した本物の八丁味噌は赤と言うよりも黒い色をしていて、おそらく三河の方でないと口に合わないと思うぐらい?味がしっかりとして濃厚で深い味わいです。

 

そもそも戦国時代には八丁味噌の味噌玉を武将が栄養価の高い保存食として携帯して戦ったとも聞きます。

 

愛知県味噌溜醤油工業協同組合が八丁味噌として農林水産庁の商標登録を済ませており、岡崎市の本家2社は八丁味噌で新規に登録はできないために愛知県味噌溜醤油工業協同組合の仲間に入れてもらうしかありませんね....

 

私からの提案としては「岡崎八丁味噌」で地域範囲をより限定した形で新規登録することができると良いと思いますが...無理ですかね?

たとえば山口組と神戸山口組みたいに...失礼しました(汗;)

◎仕事の流儀 プロフェッショナル 犬訓練士 中村伸哉

NHKプロフェッショナル「仕事の流儀」ワンちゃんスペシャル 1月29日放送を見て、3人目に登場したプロフェッショナル 危険な犬の専門訓練士中村伸哉さんの仕事ぶりを見てびっくりしました。

 

噛みつきで殺処分寸前の柴犬“まめ蔵”に手をかまれながらも、懸命に訓練する中村さん。まめ蔵は指示に不満があると大声で泣き叫んで、中村さんの手を噛みつく始末でとても手に負えません。その直後に中村さんは数回にわたり、げんこつと平手でまめ蔵の頭を強く何度もたたいています。最初、見たときはなんてひどい虐待なのだと思いました。

 

もし、この指導が人間の小中学生に行われたとしたら、教育現場から行き過ぎた暴力教師として即処分されてしまうことでしょう。事実、中村さんは動物保護団体から何度も動物虐待であると抗議を受けているそうです。(強くたたく動画だけを見ると虐待と感じると思う)

 

噛みつき事故が毎年4000件を超えており、それが理由で手に負えない犬は殺処分されているという事実があり、噛みつく犬は更生できないから処分するのもやむを得ないといわれているそうです。

 

そんな中で自分の犬の噛みつきをなくして欲しい飼い主が、全国各地から次々と中村さんを頼りにやってくる。

 

中村さんの指導は実は極めてシンプルで、犬と人間の主従関係をしっかりと教えてダメな事をしたら叱る、指示通りのことをできたらしっかりと褒めてやるということ。

 

弱いものは殺されたり生きていけない野生動物等の世界では主従関係が必要で人と共存するルールをわからせてあげること。

 

今回のまめ蔵のような手におえない?レベルの場合は体罰的な指導もありうるということではないか?(ただし、体罰には賛否ある)

 

今回のまめ蔵の更生をお願いしていた飼い主が施設を再び訪れて、厳しい訓練によって、まめ蔵が心を開き立ち直っている姿を見て、飼い主は涙を流して喜んでいました。

 

人の手に負えなくなった狂暴な犬は、人と心が通わすことができなくなった寂しい犬であって目がどこか悲しげである。中村さんの指導は単なる体罰でなくて犬が人に心を開くための指導なのです。

 

 

中村さんが更生できる確率は80%で、できない犬が20%いるそうですが、できない犬はすべて中村さんが引き取っているそうです。中村さんを批判することは簡単ですが、普通の方法で更生できないから中村さんが必要になるのであって、犬がそこまで凶暴になった過程には大いに問題があります。

 ペットブームで、かわいがるのはいいが、褒めてやること、叱ること、主従関係を理解させるといった基本的なしつけができていないことが凶暴な犬を育てた根本の原因です。

 

 

子犬の頃からボディーコントロールなどを通じて、犬との主従関係や信頼関係を行い適切な指導をすれば、噛みつきを行う犬にはなりません。

 

このような犬に育ててしまった飼い主にも責任があり、中村さんの手法は強引ではあるが、再教育するための必要悪なのではないかと感じました。

 

中村さんを頼る人や犬がいなくなることが理想の社会であるし、暴力的指導方法を使いたくないことは、中村さん自身も語っています。

 飼い主本人もしくは中村さん以外の方が、暴力的方法を用いずに、社会復帰ができない凶暴な犬を治せる更生施設があることが望ましいです。しかし、批判する人はいてもこの様な犬の受け皿がないことが現状なのです。 

 中村さん「この施設にいる限り、犬がどんなに凶暴であっても殺処分されずにすむのです」という言葉は、彼が実に犬思いの優しい心の持ち主で本気で犬を訓練してあることがわかります。

 

 「結果を出すために動くってプロフェッショナルとして当たり前のことですから」...さらりと語る中村さんはすごい人ですね。

 

*中村さんが語る「プロフェッショナル」とは?中村さんブログ

 

*愛犬救命訓練士 中村さんはコチラ(北栃木愛犬救命訓練所) 

 

*追記)日本獣医動物行動研究会「体罰に関する声明文」~犬の訓練について考えるはコチラ