◎Taro's Bar 本店 また会う日まで

いよいよKAZビル1FにあるTaro’s Bar本店も

7月末の閉店まで1週間を切りましたね。

 

本格的なカクテル、ウイスキー、葉巻などのサービスと

居心地のよさでファンに愛されてきただけに、連日

惜しむお客さんが次々と来店されています。

 

あえて、人が少ないタイミングを狙って一枚板の立派な

カウンタを撮影させていただきました。

 

ご近所のお店のママさんなども名残惜しく飲まれていました...

店主の太郎さんも平日は、一生懸命に惜しまれるお客さんに

丁寧な接客をされ、刈谷の新店舗の準備も並行して進めながらの

対応で一生懸命にがんばっておられます。

20年以上、安城の繁華街の中心で続けてきた名店が

なくなるのはとても残念ですが、すでに決定したことなので

新たな刈谷店と三河安城店を応援していきたいですね。

◎アンフォーレ安城 ビアガーデン(続)

アンフォーレ安城 ビアガーデンが初めて開催されたので

仕事帰りに行ってきました。

 

ソーセージや焼きそば等とクラフトビールが、屋台風に

販売、ライブ演奏などもあり、座る席がないほどの大盛況!

 

まだまだ、認知度が低いようなので、うまく宣伝をして

定期的な夏のイベントとして開催してほしいですね。

◎アンフォーレ安城 ビアガーデン

https://anforet.city.anjo.aichi.jp/event/20170721negaigoto.html

 

7/21(金)、22(土) 17:00~21:00 安城にオープンしたアンフォーレで地ビールまつりが開催されます。

 

地元安城の地ビール『デンビール』(デンマーク+ビール)や国内及び海外ベルギーなどのビールも出展されます。

 

さっそく本日仕事帰りにふらりと飲みに行く予定です。

◎7月20日岡崎空襲から72年

72年前の今日 1945年7月20日未明に岡崎市にB29

132機が来襲、0時52分から2時10分まで焼夷弾などを

約12500発を投下する空襲が行われました。

 

市街地は火の海となり翌朝まで燃え続けて

死者200名以上 家屋の全半焼7500戸以上 被災者32,000名以上

大惨事となりました。

 

三河地方は同じ年の半年前1945年1月13日にM6.8の三河地震が

発生、壊滅的な打撃を受けたところでした。

 

隣町の安城市から私の父は防空壕から、岡崎空襲を見た際には

岡崎の上空は昼間のように明るかったそうです。

 

終戦間際には大都市以外の地方都市も攻撃目標となりましたが、

もう少し早く終戦を迎えることができていれば、このような

空襲を防ぐことができたでしょう。

 

戦争体験を伝える世代は次々と亡くなっていますが、後世に

伝えていかなくてはなりません。

 

NHKオンラインWEB

http://www.nhk.or.jp/nagoya/websp/20140718_okazakikushu/

◎ミニひまわり開花 夏到来

全国では異常気象による大雨などが続いていますが、

今週いっぱいで、そろそろ梅雨明けになるかもしれません。

 

春先に種を植えておいたミニひまわりが、今週に入り、

次々と開花し始めました。

 

いよいよ本格的な夏の到来を感じさせます。

季節の移り変わりは早いですね。

◎安城若者サポステ工場見学 がんばれ!   

昨日、安城若者サポートステーション(あんサポ)のスタッフと

若者たちが工場見学に来てくれました。

 

安城若者サポートステーション(あんサポ)とは?

http://ansapo.nponiji.org/

「職を変えたい」「対人関係が不安」

「どんな仕事が向いているのかわからない」

「履歴書に空白ができてしまった、どうしよう」

「自分に自信が持てない」 などの、就労に関する悩みを

抱えた若者たちをサポートする安城の支援機関です。

 

作業現場で製造工程(材料受入~成形加工~検査~梱包~出荷)を

順次説明、みんな興味を持って話を聞いてくれました。

 

最後に仕事について質疑応答の時間を行いました。

「仕事をして楽しいと思えるのはいつですか?」

「今の仕事は自分にあっていますか?」

「どのように自分にあった仕事を見つけられますか?」

「ヒューマンエラーはどうやって減らせますか?」

 

 

本質をついた質問に自分もうまく答えられたかわかりませんが、

真剣に聞いてくれるみんなに対して本音で話をしました。

自分にとってもよい体験となりました。

 

積極的に仕事を知ろうして、質問をする純粋な彼らをみて、

きっと自分に合った道を探してくれるだろうと感じました。

 

ぜひ失敗を恐れずに夢を持ってチャレンジしてほしいですね。

◎Taro's Bar 本店閉店 寂しいね

安城で20年以上の歴史があるオーセンティックバー

『Taro’s Bar 本店』 7月末で閉店。

(安城ホームニュース7月8日号より掲載)

 

 

安城駅中心の繁華街に位置するKAZビルの

老舗本店が閉店するのは時代の流れを感じます。

 

ひとつの時代が終わりました。

 

とてもさみしいですが、7月末まで営業していますので

最後にもう一度行ってみたいです.....

 

三河安城店は従来どおり営業しており、また新たに

刈谷駅前にも新店舗ができますのでこちらにも

期待したいですね。

◎Docomo ミスチル 25周年 CM

                  特設サイトはこちら

Docomoが誕生して25周年 ミスチルも25周年

 

固定電話から携帯電話、そしてスマホ 時代が移りかわり、

公衆電話もめっきり見かけなくなりました。

 

DocomoがCMにあえて、ミスチルを起用した意図は

わかりませんが....

 

時代が変化しても常に人気を続けてきたミスチルと

社会のニーズに合わせて携帯を提供してきたDocomo

 

どこか時代を超えて進化し、継続させてきた点においては、

少しオーバーラップするところがあるのかもしれません。

 

 

このCMは続編もあるようですが、CMもストーリー性の

あるものが増えてきましたね。

◎自動車技術展2017in名古屋

自動車技術展『ひととクルマのテクノロジー展』2017 in名古屋

ポートメッセナゴヤで開催され見学してきました。

 

トヨタのお膝元である名古屋での開催で、多くのサプライヤーを

含めたさまざまな業種の方が、会場に集まり大盛況でした。

 

トヨタ自動車のブースでは CO2ゼロ等の環境対策の取り組み紹介や

PHVプリウスのフレームなど展示していました。

 

          豊田合成の『エアバックカー』

 

豊田合成は内装やエアバック等を作るサプライヤーですが

エアバックカーは、自社の得意分野を活かした車体の表面を

やわらかい素材で作成し、また、ボディにパネル表示がでます。 

 

旭化成『AKXY(アクシー)』

http://www.asahi-kasei.co.jp/asahi/jp/news/2017/ze170517.html

http://news.mynavi.jp/articles/2017/05/24/akxy/

GLM社との共同開発1号車

 

GLM社が自動車の基本共通部分を製作して、素材メーカ等の

異業種メーカと共同で完成させる流れは、今後の自動車製作の

新しい形になってくるかもしれませんね。

 

             スバル360

           トヨペット クラウンRSD型

『時代を飾った往年の名車たち』

今でも通用する優れたデザインですね。

 

最近の奇をてらった車のデザインをかっこわるいと感じるのは

私だけでしょうか? 

 

展示会全体としての感想は、自動運転・安全技術、軽量化素材、

新規製造技術、環境関連技術等の展示が目を引きました。

 

自動車産業は、素材から製造まで、ソフトからハードまで

サプライヤーを含まて裾野が広い産業であるとあらためて

感じました。

◎今池老舗ホルモン梅田屋

名古屋市の今池で有名な豚ホルモンの店『梅田屋』

 

東海テレビの番組『ぐっさん家』

http://www.tokai-tv.com/gussan/jikai/past/170701.html

今池をぐっさんと平原綾香さんが食べ歩きで特集していました。

昭和二十年からの老舗で、先代オモニからは代替わりして、

店もきれいになっていますが、昔の味を守りつづけています。

名物のとんちゃんにお好みなだけニンニクと唐辛子をのせて、

ビールを飲むと最高!締めはテールスープ..

見ていたらまた行きたくなりました。