◎資生堂パーラーの金平糖

資生堂の化粧品でプレゼントされたらしい

 七色金平糖

職人が14日間かけて昔ながらの

製造方法で作ったもの。

ポルトガル語の砂糖菓子を意味する

「confeito」が語源らしいです。

 

これを食べてみると。。。。うん たしかにうまいのです。

昔、子供のころに食べた金平糖とは、どこか違うような??

お試しあれ! https://parlour.shiseido.co.jp/shoplist/ginzashop/

◎魚のエコラベル MSC認証

魚の乱獲などで魚がとれなくならないように

魚のエコラベル(MSC認証)があるそうです。

 

WWFジャパン参照元http://www.wwf.or.jp/activities/nature/cat1136/cat1143/

いろいろなものを販売するためには、ただ利益を上がる

だけではなくて、地球環境にやさしく、お客さまに安心して

もらうことが大切なのですね。

 

我々、製造業も同じで、カンやコツで ものを作る時代から

材料ロットから製造する機械の製造記録、製造マニュアル

製品の検査方法の整備等、安心で安全な製品を安定供給する

しくみを厳守して製造しています。

◎8人=36億人

国際協力団体『オックスファム』が ダボス会議に先がけて、

格差問題に関する最新の報告書「99%のための経済

(An Economy for the 99%)」を発表しました。

http://oxfam.jp/news/cat/press/201799.html

 

 世界で最も豊かな8人の資産と

 世界の貧しい人口半分36億人の資産が同じ。

 衝撃的な数字ですね!

 

資本主義が行き過ぎると、カネの力で政治を動かし、

マスメディアもコントロールして、都合の悪いことは

隠して、経済のルールを自分たちに都合よく変えていく。

 

大企業や大富豪が、政治家を影であやつることで格差の

拡大をさらに加速させている。

 

 道徳なき経済は犯罪であり、

 経済なき道徳は寝言である(二宮尊徳)

 

今の時代にも通じる格言です。

座る二宮金次郎が出現する時代なので、道徳そのものも

変わっていくのかもしれないですね。

 

*座る二宮金次郎像は、歩きスマホを防止するために

 開発されたらしいですが....??

◎日本初の注目新素材

NHKクローズアップ現在+ 記事より

http://www.nhk.or.jp/gendai/articles/3751/1.html

 

今、最も注目を集めている日本初・注目新素材

それが セルロースナノファイバー(CNF) です。

 

原材料は紙と同じパルプで、木材等の植物繊維、

自然界から生成できるため、資源の少ない日本に

まさにぴったりの素材ですね。

  

セルロースナノファイバーの太さは髪の毛の

5,000分の1から、1万分の1程度。

 

繊維の強度は鉄の5倍重さは鉄の7分の1程度。

 

ナノファイバーを樹脂に10%混ぜて実験したところ、

鉄より軽く、同じ強度を出せるとのこと。

 

例えば、自動車や航空機等は軽量化による低燃費化

安全なボディを作る強い素材が求められており、

まさにセルロースナノファイバーは夢の注目素材ですね。

 

実用化の動向や事例、特許、製造方法等を展示会や

講演会で、いろいろと情報を収集していくつもりです。

◎ヒューマンエラーとポカミス対策

ものづくりをしていると昔と違い、職人技や

カン・コツに頼る仕事の進め方ではなく、だれでも

できるように仕事の標準化が求められる時代だ。

 

 

ならば、要領書、手順書等を作り 確実に

できるように教育訓練をする....

そうすれば いつでも誰でもよいものが作れて

不良はなくなるか?

 

残念ながら なかなかゼロにはならないものです。

 

『ポカミス』は『ヒューマンエラー』等と同じような意味で

うっかり、勘違い、ぼんやり、思い込み等 さまざまな

理由で発生します。

 

【ポカミスの事例】

たとえば あるルールに従って

AボタンとBボタンを押す作業があったとする。

ある作業者がAとBのボタンを単純に押し間違えた

場合でも下記のように理由はさまざまだろう。

 

【ポカミスの理由】

 1)AとBの表示を見間違えてしまった

 2)ルールを間違えて覚えていた

 3)判断ミスをしてしまった

 4)Aを押そうとしたところ、近くにある

  Bのボタンに手が当たった

 5)正しく押したつもりだった

 6)疲れで頭がぼんやりとしていた

 

たとえば上の6つの理由がわかったとして

対策はどうしたらいいかを考える....

 

【ポカヨケの事例】←ポカミスをなくす方法

 ポカヨケは上の1)~6)であれば

 1)AとBの表示の色を変える(Aは赤、Bは青等)

 2)ルールを作業者に定期的に再教育する

 3)判断の流れ(フロー)を明確にして再教育する

 4)AとBのボタンの位置を離す

 5)押したらブザーが鳴る、光るようにする

 6)決まった時間ごとに作業者に休憩してもらう

 

ポカヨケを考えることは、不良を減らすだけではなく、

作業者のストレスをなくし、快適な職場になり、

作業効率を上げるなどの効果があります。

 

創意工夫をすることは仕事のやりがいにもつながり

楽しく仕事を進める上で大切なことだと思いますね。

 

一番指導者がやってはいけないことは

作業のミスに対して、ただ感情的になって怒ること

なぜできないの?と問い詰めても解決しません。


◎自分を信じる

錦織VS元世界王者フェデラー

ファイナルセットのぎりぎりまでどちらが

勝つかわからない大接戦だったが、残念な

結果に終わった。

 

さすがに年をとったとはいえ、フェデラーの力は

まだまだ衰えておらず 健在ですね。

 

錦織はフェデラーのことを大変尊敬しているそうで、

過去の初対戦したときは 尊敬しているがあまり

本気で勝ちたいと思えなかったそうです。

 

マイケルチャンコーチから

「本気で勝つ気持ちが弱い」と叱られたそうで

「自分を信じろ」

「相手を倒すべき敵だと思え」と言われて

テニスの質が変わったそうです。

 

たしかにスポーツはメンタルが大切で、

自分を信じる プラス思考が大切ですね。

 

錦織が 自分を信じて いつか

グランドスラム大会で優勝してほしい。

◎大統領就任式

トランプ米大統領の就任式などのために会場周辺を訪れた人は

推定90万人。オバマ前大統領が就任した09年の推定180万人の

半分程度だったとのこと。

 

不人気とは 聞いていたもののこの写真を見てびっくり!

 

大規模なトランプ反対のデモが各地で行われており、アメリカが

賛成と反対で 二分してしまっているんだろうか?

21日には女性大行進『PUSSYHAT PROJECT』

ピンク色のネコ型ニット帽をかぶり、トランプ大統領の

女性蔑視に抗議するデモ行進が行われました。

 

弱者、女性、マイノリティを差別するような発言は、

大統領になったら控えてほしいものですね。

 

また、1月11日の「CNNは偽ニュースだ」と言って

気に入らない報道記者の質問を拒否した対応といい、

大統領としての資質に問題がありそうですね。

 

まさに予測不能の大統領ですが、日本もうまく彼と

つき合っていく方法をはやく見つけてほしいですね。

◎『安城モノコン2017』出展決定!

安城市主催の展示会

『安城ものづくりコンベンション2017』

2017年5月18日(木)~19日(金) 開催されます。

ダウンロード
安城ものづくりコンベンション2017
Anjomonokon 2017.pdf
PDFファイル 1.4 MB

 

2016年(昨年)の開催の様子は下記のとおりです。

http://anjo-cci.or.jp/monocon/

 

昨年はマッチング商談会等にも参加させていただき、

名刺交換等もさせていただきました。

 また、『DENSO技研殿』の技能五輪金賞作品展示、

『名古屋工業大学殿』の研究室パネル説明等

多分野の技術者や職人が集結しており、勉強になりました。

 

異業種交流を通じて、多くの人とご縁があり

刺激となりました。 今からこの企画がとても楽しみです。

ご支援をよろしくお願いします。

◎やめる自由

2016年12月31日をもって『SMAP』が解散。

解散はファンとして残念ですが、彼らも

40歳もすぎて、アイドルやタレントは卒業して、

いろいろな活動をしたくなってもおかしくない。

 

そして次にやめる自由を与えてほしい人

『天皇陛下』

 

天皇家に生まれて『職業選択の自由』や

『言論の自由』などはない。

当然、自分の意思で天皇陛下をやめる

自由はない。

 

日本で一番 大変なおつとめに違いないと思う。

◎そろそろOK?

最近、ベッキーさんもテレビに出演しています。

『人の噂も75日』

 

そろそろ 両成敗でいいじゃない  なんてね

◎若者のお酒離れ?

身近な若者に話を聞くと、月に1回もお酒を飲まない人が

多いと聞いて本当か? と疑問に思っていたところ、

統計調査の結果でも事実なようですね。

この表を見て思ったのは、毎日飲むの比率が明らかに

年齢の増加とともに増えていますね。

 

逆に週に1回程度飲むは年齢とともに減っている...

 

 

自分もそうなんだけれども、アルコールは依存性が

あるからねえ、やはり晩酌はやめられんので...

 

 

今の20代の人が60代になった頃は、アルコールを

飲む人が増えるんだろうか?

 

タバコもそうだけど、世の中で体に悪いものや

依存性のあるものは、どんどん消費することは「悪」で

減っていくんだろうね きっと

◎小室哲哉と宇多田ヒカル

1月10日の『マツコの知らない世界』に

小室哲哉さんが出演していてびっくりした。

http://www.tbs.co.jp/matsuko-sekai/archive/20170110.html

 

いつもは素人のマニアックな人が出る番組なのですが

ひさびさのビックアーチストの出演は珍しいですね。

 

最初にTM NETWORKの『GET WILD』

時代が変われども、やはり いいものはいいです。

 

また、小室哲哉が聞いて新しいサウンドに衝撃を受け

引退を考えさせられたと思わされた作品が

宇多田ヒカルの『AUTOMATIC』とのことです(驚)

こちらもあらためて聞いてみると、やはり時代が変わっても

なぜか新鮮に感じて、新しいものを生むことができる

天才は違いますね....

 

最近は 振付と歌をうまくあわせたエンタテイメントとして

完成された曲が多いような気がしますが、次はどんな曲が

ブームになるのだろうか?

◎MS-OFFICEプロダクトキー?偽メール

マイクロソフトのオフィスのプロダクトキーが

不正コピーされている可能性があるので、今すぐ

認証して手続きをしてほしいとのメールです。

 

手続きしないと使えなくなるとの警告?

フィッシング詐欺の典型的なメールですね。

 

今でもこういった手法で個人情報を

不正に入力させる詐欺が横行しているので、

くれぐれも騙されないように注意して

ください。

 

差出人のドメイン名もマイクロソフトになっていて

いかにも本物っぽいですね(笑)

◎AMAZON Prime Air

AMAZONのドローンを使って商品を

配達する計画は、発表されていましたが、

規制や安全性から、実現性は低いと

思っていました。

 

AMAZONの公式ページによると

https://www.amazon.com/Amazon-Prime-Air/b?ie=UTF8&node=8037720011

クリック注文から30分以内にドローンで

配達するサービスを試験実験中とのこと。

 

昨年12月に実際の注文に対して、イギリスで

初の配達が行われたそうです。

(クリック注文から届くまで13分)

法整備と空域の安全確保ができるエリア内であれば

思ったよりも すぐに実現されるかもしれません。

この進化のスピードには少しびっくり!?ですね。

◎新年を迎えて

新年あけましておめでとうございます。

今年も昨年同様よろしくお願い致します。 

 

昨年、トランプ大統領の誕生が決まり、

原油価格上昇、円安株高のトランプ相場など

さまざまな変化が見られました。

 

今年の1月20日 トランプ大統領の就任後、

『アメリカファースト』の政策がスタートし、

自動車産業等の輸出産業や中小企業にも

何らかの影響があるかもしれませんね。

 

我々、製造業においては、ますます

『Made in Japan』の真価が

問われることになるかと思います。

 

2017年の干支は酉(とり)です。

 

今年は昨年以上にお世話になっている方々の

知恵やアドバイスを積極的にとり入れて、

柔軟な対応で乗り越えていきます。

 

今年も ご指導、ご鞭撻のほど

よろしくお願い申し上げます。